リクルートカードを発行するその前に!還元率を上げる裏ワザと口コミ・評判交えて徹底検証

リクルートカードで選べるカードブランドはどちらがお得?

リクルートカード ブランド

高還元率で注目されているリクルートカード(Recruit Card)では、VISAとJCBからカードブランドが選べます。毎月23000円以上使えば年会費ぶんのポイントが貯まり、実質年会費無料になるリクルートカードプラスではJCBしか選べませんが、二つのカードブランドでどちらがいいか迷ったときの目安について解説します。

 

カードブランドって?

リクルートカードのサービスが使えるのはVISAやJCBがリクルートグループと提携し、クレジットカードとしての機能を開放しているからです。国内に限って言えば、まずクレジットカードに対応しているお店で使えないケースがほとんどない二つのカードブランドですが、海外では外資系であるVISAの方がやや普及率が高い傾向にあります。

 

カードブランドの優待サービスは?

もちろんリクルートカードでも各カードブランドのオリジナル優待サービスが受けられます。特に国内企業のJCBでは普段のお食事の際でも、公式サイト発行のクーポン提示とJCBカードでのお支払いで割引やドリンク・フードなどのサービスが受けられるレストランやお店が多くなっています。
VISAの場合は海外旅行での優待割引に特化しているので、海外のホテルやレストランでお得にお使いいただけます。

 

リクルートカードではどっちがオススメ?

既にどちらかのブランドでクレジットカードをお持ちなら、もうひとつのカードブランドを選びたくなるかもしれませんが、こうした高還元率カードの場合は沢山賢く使ってポイントをより多く得たいものですから、例えば海外旅行によくお出かけの方でしたらVISAブランドのほうが安心してお使いいただけます。

  • VISA…アメリカに本社を置く外資系のため、英語圏とアジア・日本での普及率が高い
  • JCB…日本に本社があるため、日本国内やアジアでの普及率が高い

公共料金などにもお使いの場合は、まずお住まいの地域の電力会社や水道局、役所などがどちらのブランドに対応しているかを調べて決めるのも正解です。ライフスタイルや旅行先の傾向に合わせてカードブランドを選ぶと、常にお得なリクルートカードが更にお得になります。

ETCカードを作られる予定の方は、VISAブランドを選んだ場合のみ新規発行手数料が1000円かかります。大きな金額ではありませんが、ETCを使うかどうかでこの点も決め手になるかもしれません。また電子マネーチャージへのポイント付与にもブランドによる差があるので、お申し込みの前に要チェックです。

 

リクルートカードプラスはJCBだけなの?

残念ながらリクルートカードプラスではカードブランドを選ぶことはできませんが、どちらのリクルートカードの場合も、ポンパレモールやじゃらん、ホットペッパービューティなどリクルートグループのサービスで貯めたポイントが使えます。こうしたサービスの提供は日本国内が主流なので、賢くお得に使っていくなら日本国内の普及率が高いJCBで充分です。

※ リクルートカードプラスは、2016年3月より新規受付を停止しています。

 

リクルートカードの還元率をさらに上げる裏技を公開中

当サイトでは通常1.2%のリクルートカードの還元率を1.8%〜3.7%に上げる裏ワザを公開しています。リクルートカードに申し込みをする前にぜひチェックしてみてください。

関連記事

お得なカードリンク集