リクルートカードを発行するその前に!還元率を上げる裏ワザと口コミ・評判交えて徹底検証

リクルートカードの審査は優しい?厳しい?

カード審査

ネット上でもかなり審査が優しいと評判の高還元率クレジットカード「リクルートカード(Recruit Card)」ですが、実際に申し込まれた方の中には手に入れられなかったという方も。せっかくリクルートグループの共通IDを登録したのにポイント高還元率のリクルートカードが使えないとなると残念ですから、クレジットカードを申し込む際の審査についてご紹介します。

 

そもそもクレジットカードの審査って何?

特にショッピングに高ポイント還元が受けられるリクルートカードのようなクレジットカードでは、商品購入や公共料金の支払いなどの利用額が返済できる方かどうかという点が一番の優先事項になります。そのため収入に対してお住まいの家賃が高すぎる方や時給収入のアルバイト・パートの方、収入が安定しない自営業の方、専業主婦(主夫)などご自分で収入を得ていない方は自然と審査が厳しくなる傾向があります。

 

リクルートカードはどうなの?

学生の方やアルバイト収入の方、専業主婦(主夫)、自営業の方でもかなり手にされていることが多いリクルートカードですが、以下のような申し込み条件があります。

  • 原則18歳以上の方
  • 本人または配偶者に継続的な収入がある方
  • 18歳以上で高校生を除く学生の方

学生の方でしたらアルバイト収入でも申し込むことができますし、主婦・主夫の方や自営業の方でも配偶者が安定した収入を得ているご家庭なら、比較的審査が通りやすいカードだといえます。他のクレジットカードのように審査に日数がかからず、多くの場合で申し込みから即日中に審査の合否がわかるリクルートカードなら、気軽に申し込むことができます。

 

審査に通らないのはどんな人?

例えば自己破産や債務整理歴のある方、他社のクレジットカードで支払いを長く滞納した方や携帯電話などを滞納して止められたことがある方の場合は信用情報機関にマイナス要素が登録されてしまっているため、なかなかクレジットカードを持つことができません。いわゆるブラックリスト入りと呼ばれるもので、新規申し込みまで5年ほど我慢する必要があります。
住民票の記載と今のお住まいの住所が違う場合も、返済に関する信用情報へのマイナス要素になります。いまご自分の住民票がどんな登録状況なのか、引越しが多い方は特に気をつけましょう。他にも変換ミスや番地の記入記号間違いなどでも審査が厳しくなる場合があります。ネット上で申し込みできるリクルートカードですから、些細な間違いで審査が長引いたり通らなかったりしないよう、申し込み時にしっかり確認しておきましょう。
短期間に複数のクレジットカードを申し込んでいる方は、返済の意思があるかどうかを疑われてしまう可能性があります。どうしてもすぐにクレジットカードが欲しいという方は、できるだけ厳選して特にお得なカードに絞って申し込みされるほうが審査に通りやすくなります。リクルートカードのような高還元が武器のカードはメイン使いでどんどんポイントを得るのが正しい使い方ですから、他の会社のカードはサブ使いが目的でも半年程度あけて申し込まれた方が良いでしょう。

 

リクルートカードの還元率をさらに上げる裏技を公開中

当サイトでは通常1.2%のリクルートカードの還元率を1.8%〜3.7%に上げる裏ワザを公開しています。リクルートカードに申し込みをする前にぜひチェックしてみてください。

関連記事

お得なカードリンク集