リクルートカード・リクルートカードプラスを発行するその前に!本当にお得なのかを口コミ・評判交えて徹底検証

カテゴリー:気になる点

リクルートカードのカード利用限度額はいくら?

上限金額

クレジットカードを申し込むときに気になるのが利用限度額ですが、リクルートカード(Recruit Card)の上限利用金額は公式サイトを見てもいまいちわかりません。他社カードと比べてもポイント還元率の高いリクルートカードの上限利用金額はいくら…

詳細を見る

リクルートカード・リクルートカードプラスの年会費

リクルートカードとリクルートカードプラスの年会費

クレジットカードの年会費は安いほうが、そしてできれば無料のほうがいいと思われている方には永年年会費無料のリクルートカードがオススメですが、年会費以上のポイント還元が簡単に得られるなら多少払ってもかまわないという方にはリクルートカードプラスが…

詳細を見る

リクルートカードプラスの年会費を無料にすることはできるのか?

リクルートカードの年会費

年会費無料のリクルートカード(Recruit Card)に比べて、更に高い2%のポイント還元率が非常に魅力的なリクルートカードプラスですが、やはり気になってしまうのが年会費2000円(+税)の存在ではないでしょうか。この年会費は無料になるの…

詳細を見る

リクルートカードで貯まったポイントはリクルート系列サービスでしか使えない

リクルートサービス限定

現在、高いポイント還元率で注目されているリクルートカードの唯一にして最大の弱点が、リクルートポイントの汎用性です。リクルートホールディングスの系列サービスでしか利用できないため、申し込みをためらう方もいらっしゃることでしょう。しかしリクルー…

詳細を見る

リクルートカードのデメリットは、貯まったポイントがリクルート系列のサービスでしか使えないところ

リクルートカード

1.2~2.0%ものポイント高還元率で注目されているリクルートカード(Recruit Card)ですが、残念ながらデメリットといえる弱点も存在します。高還元されたポイントの汎用性がないことが一番気になる点ですが、ではリクルートカードで貯めた…

詳細を見る

その他のおすすめカード

YJカード

YJカード

ここ最近、台頭してきたヤフーのYJカードです。入会&利用で最大7000ポイント(7000円相当)がもらえます。いわゆる、"ポイントバラマキ"の新規顧客獲得施策と言えば、楽天カードが有名ですが、ここ最近ではヤフーの頑張りも負けていません。もらえるポイントが非常に多いので、リクルートカードと合わせての発行をオススメします。

楽天カード

YJカード

大盤振る舞いの特典が付いたカードの元祖と言えば、やはりこの楽天カードでしょう。入会で5000ポイント(5000円相当)、その他キャンペーン適用等で最大15000ポイント(15000円相当)がもらえます。ポイント還元率としてはリクルートカードの方が高いので、そちらメインカードにするにしても、もれなくもらえるポイントとしては大変高額なので、発行の手間を惜しまず作成しておくことをおすすめします。

お得なカードリンク集