リクルートカードを発行するその前に!還元率を上げる裏ワザと口コミ・評判交えて徹底検証

リクルートカードの発行会社「リクルート」について

リクルートカード

リクルートカード(Recruit Card)をリリースしているのは、株式会社リクルートホールディングスです。55年もの歴史があるかなり有名な会社で、手広く情報サービスを経営しています。リクルートカードをより便利に、もっとお得に使うためにも、リクルートホールディングスについて詳しく調べてみました。

 

リクルートホールディングスとは

1960年に立ち上げ、1984年に株式会社リクルートになった会社で、人材総合サービスや育成事業、また出版やクーポン発行、web関連事業などで活躍しています。株式会社リクルートといえばなにかと30年前に起きた政治家への贈収賄事件であるリクルート事件が話題に上りますが、社名が変わり月日の経った現在はクリーンな会社として高い評価を得ています。

人材総合サービスは創業時からの主な事業ですが、ユニークなTVCMで話題になった「ホットペッパー」の刊行や、かわいい猫が登場するCMで知られる「じゃらん」の運営によって安定している会社で、2013年に初めてリクルートホールディングス系列のサービスがよりお得になる「リクルートカード」の募集を開始しました。

 

リクルートカードがもっとお得に!

じゃらんやホットペッパー、また総合ショッピングサイト「ポンパレモール」などは、リクルートカードを使わなくてもリクルートポイントが還元されるサービスになっています。しかしリクルートカードを使うことで更にポイントが還元されますし、リクルートポイントを利用するためのIDを持っていれば誰でも簡単に持てる可能性が高いクレジットカードだと評価を得ています。

リクルートカード会員限定のキャンペーンなどももちろん充実していますし、カード付帯保険などの面でもリクルートカードを選ばれている方は現在続々と増えています。

 

リクルートポイントはPontaに!

現在のリクルートポイントが利用できるのはリクルートホールディングスのサービスのみに限られていますが、2015年春ごろをめどに、ローソンやGEOなどで利用できるPontaと統合されることが決まっています。他にも多くのお店で使えるので、リクルートカードに入会するなら今のうちがチャンスだといえるかもしれません。

リクルートポイントの有効期限は最終取得確定日から12ヶ月、つまりもらい続ければ実質永年有効になります。今のうちに沢山のリクルートポイントを貯めておけば、様々なお店で便利に使えるPontaになります。

 

リクルートカードの還元率をさらに上げる裏技を公開中

当サイトでは通常1.2%のリクルートカードの還元率を1.8%〜3.7%に上げる裏ワザを公開しています。リクルートカードに申し込みをする前にぜひチェックしてみてください。

関連記事

お得なカードリンク集