リクルートカードを発行するその前に!還元率を上げる裏ワザと口コミ・評判交えて徹底検証

リクルートカードなら電子マネーチャージで「QUICPay・楽天Edy・nanaco・モバイルSuica・SMART ICOCA」のポイントが貯まる!

リクルートカード 電子マネー

高ポイント還元率のリクルートカード(Recruit Card)は様々な電子マネーへのチャージでもポイントが貯まるのが魅力のひとつです。もちろん1.2%の高い還元率は維持したままなので、どんなシーンにも使っていけるクレジットカードだと言えるかもしれません。カードブランドによってポイント付与される場合と対象外の場合があるので詳しく見てみましょう。

 

電子マネーチャージって?

現在、コンビニやJR各社、また汎用性の高い楽天などが提供している電子マネーですが、まずはチャージ(入金)した分から使うことで、電子マネー各種で用意されているポイントなどが利用できます。ポイント還元率が高いと言われているクレジットカードの中には、こうした電子マネーのチャージ自体ができないものや、チャージは可能でもポイントが付与されないものもあります。
リクルートカードの場合ならカードブランドによりますが、大抵の電子マネーにチャージでき、ポイントもしっかり付与されます。

 

対応している電子マネーは?

年会費無料のリクルートカードはVISAとJCBからカードブランドが選べますが、電子マネーを複数お持ちでよく使うという方ならVISAを選ばれたほうがポイント付与対象の電子マネーが多いので便利になります。

 

VISAブランドでポイント付与される電子マネー

  • モバイルSuica
  • SMART ICOCA
  • 楽天Edy

JCBブランドでポイント付与される電子マネー

  • nanaco
  • モバイルSuica
  • QUICPay

残念ながらWAONなどにはどちらも対応していませんが、楽天EdyとQUICPayのどちらを日常的に使うか、また西日本にお住まいでICOCAをよく使われるかどうかでカードブランドを選ぶのも良いでしょう。カードブランドによるサービスの違いは他にも、ETCカードの発行料や国内外での対応店舗数などがあります。複数枚持つことも可能ですがポイント付与先が分散してしまうため、できるだけ使いやすいブランドでポイントを一枚に集中されたほうがお得だと考えられます。

各電子マネーのチャージ方法・利用方法については、それぞれ下記ページで詳しく紹介しています。

 

リクルートカードプラスの場合は?

ポイント還元率2%リクルートカードプラスはJCBブランドでしか申し込めませんから、nanaco・モバイルSuica・QUICPayのみポイントがつきます。SMART ICOCAはチャージ可能ですがポイントがつかないなど、お使いの電子マネーの種類によって便利さが多少変わってしまいます。

ただJCBブランドは日本国内なら普及率がとても高く、電子マネーを間に挟まずじかに使えばポイント還元が受けられます。リクルートカードプラスを選ばれる方は電子マネーを利用したときの付加価値と、クレジットカードとしてそのまま支払ったときのポイント還元を比べてみましょう。

※ リクルートカードプラスは、2016年3月より新規受付を停止しています。

 

リクルートカードの還元率をさらに上げる裏技を公開中

当サイトでは通常1.2%のリクルートカードの還元率を1.8%〜3.7%に上げる裏ワザを公開しています。リクルートカードに申し込みをする前にぜひチェックしてみてください。

関連記事

お得なカードリンク集