リクルートカードを発行するその前に!還元率を上げる裏ワザと口コミ・評判交えて徹底検証

リクルートカードならETCカードも無料で発行可能!高速料金も2.0%還元でお得にドライブ!

ETCカード

高速道路を利用するのにとても便利なETCカードも、リクルートカード(Recruit Card)から発行すれば利用金額分のポイントが還元されます。リクルートカードではETCカードを追加しても年会費は無料。それだけでなくじゃらんなどのサービスも併用できるため、気楽に遠出したい方にもぴったりのクレジットカードです。

 

ETCカードの利用方法

既にリクルートカードをお持ちの場合は、公式サイトから簡単にお申し込みができます。この時、カードブランドによって申し込みページが違うので注意が必要です。またリクルートカードをVISAで作られたときはETCカードの発行手数料が1000円かかります。
まだリクルートカードを申し込まれていない方でETCカードを確実に使うケースでしたら、発行手数料のかからないJCBを選ばれるのも良いでしょう。どちらのカードブランドの場合も年会費はかかりません

 

リクルートカードはETCでもポイント還元!

ご利用金額に応じてポイントが還元されるリクルートカードですから、ETCで支払った高速代もポイント付与の対象になります。リクルートカードプラスの場合は年会費が2000円かかりますが、ポイント還元率が2%とリクルートカードの1.2%よりずっと高くなっています。月間利用額にあわせて、どちらのカードがお得になるかで選ぶのをオススメします。

 

ETCを使うメリット!

ETCを導入されているだけで夜間割引や朝・夕割引など、高速代が最大半額になるというメリットがあります。こちらは時間帯と曜日や車種、また走行地域によっても変わりますが、普通車・軽自動車に乗っている方なら気をつけるのは時間と曜日だけです。
ETCは自動的に走行した距離や時間を記録できますから、高速道路独自のマイレージサービスも行っています。通勤や帰省でよく高速道路を利用される方にオススメのサービスで、貯めたマイレージで高速料金を無料にすることができます。
他社のカードではETCでの利用分にポイントが付与されなかったり、発行手数料が高かったり、他にもETCカード用に年会費が必要になる場合まであります。ポイント高還元率のリクルートカードならETCを気軽に使えます。

 

更にじゃらんで高ポイント還元!

リクルートカードプラスなら、予約宿泊代金の4%もポイントが還元されるじゃらんで国内旅行を更にお得にすることだって可能です。年会費無料のリクルートカードでも3.2%のポイントが付与されますから、高速道路を使った旅行の際はETCとじゃらんの併用でポイントが大量にもらえます。

※ リクルートカードプラスは、2016年3月より新規受付を停止しています。

 

リクルートカードの還元率をさらに上げる裏技を公開中

当サイトでは通常1.2%のリクルートカードの還元率を1.8%〜3.7%に上げる裏ワザを公開しています。リクルートカードに申し込みをする前にぜひチェックしてみてください。

関連記事

お得なカードリンク集