リクルートカード・リクルートカードプラスを発行するその前に!本当にお得なのかを口コミ・評判交えて徹底検証

リクルートカードのカード利用限度額はいくら?

上限金額

クレジットカードを申し込むときに気になるのが利用限度額ですが、リクルートカード(Recruit Card)の上限利用金額は公式サイトを見てもいまいちわかりません。他社カードと比べてもポイント還元率の高いリクルートカードの上限利用金額はいくらくらいになるのかまとめてみます。

 

利用限度額って?

例えば他社のクレジットカードの申し込みサイトを見れば、「利用限度額○万~○万円」という表記が見られます。だいたい年会費無料のカードで100万円~200万円が限度額の上限で、年会費がかかるカードの中には300万円程度が上限の場合もあります。

リクルートカードの利用限度額は公式サイトに表記されていないので不安に思う方もいらっしゃいます。カードブランドであるVISA・JCBが他社と提携してリリースしているクレジットカードは多くが10万円~100万円に設定されているため、おそらくリクルートカードの上限利用金額も同水準だと思われます。

 

限度額は高いほうがいいの?

クレジットカードで買い物をする際に「限度額に達してしまった」「ご利用可能上限金額に達してしまった」と言われて利用できなくなってしまうことがあります。これはカード会社が独自の基準で定めた利用限度額の枠を超えてお買い物をしようとしている場合ですから、乱暴な言い方をすればカード会社に信用されていないということになります。

カード会社はご利用金額の返済能力があるかどうかを審査するので、収入が多めにある方でも初めてリクルートカードを申し込んだときから100万円の上限利用金額を設定されることはまれです。利用額の返済を繰り返し、返済能力がきちんと備わっている方だと認められてから徐々に限度額が増枠されていくという仕組みになっています。

 

増枠は可能?

限度額が10万円程度で大きな買い物ができないから不便だと感じる場合や、海外旅行などで一時的に増枠したい場合は、リクルートカードでも増枠申請をすれば限度額が上げられることがあります。カードを使い始めてから半年程度経っていてある程度の利用歴があり、利用金額の返済ができている方ならまず大丈夫です。

リクルートカードの公式サイトからリンクされている、お使いのカードブランドの手続き画面で申請しましょう。増枠申請には審査があるので、余裕を持って手続きされるのをオススメします。特に賢く沢山使ってポイントを得たい高還元率のリクルートカードですから、大きな買い物ができるように利用限度額を増枠しておくと使いやすくて安心です。

 

▼▼ お得なリクルートカードの申込はこちらから ▼▼

関連記事

その他のおすすめカード

YJカード

YJカード

ここ最近、台頭してきたヤフーのYJカードです。入会&利用で最大7000ポイント(7000円相当)がもらえます。いわゆる、"ポイントバラマキ"の新規顧客獲得施策と言えば、楽天カードが有名ですが、ここ最近ではヤフーの頑張りも負けていません。もらえるポイントが非常に多いので、リクルートカードと合わせての発行をオススメします。

楽天カード

YJカード

大盤振る舞いの特典が付いたカードの元祖と言えば、やはりこの楽天カードでしょう。入会で5000ポイント(5000円相当)、その他キャンペーン適用等で最大15000ポイント(15000円相当)がもらえます。ポイント還元率としてはリクルートカードの方が高いので、そちらメインカードにするにしても、もれなくもらえるポイントとしては大変高額なので、発行の手間を惜しまず作成しておくことをおすすめします。

お得なカードリンク集