リクルートカードを発行するその前に!還元率を上げる裏ワザと口コミ・評判交えて徹底検証

リクルートカードは驚愕還元率1.2%〜2.0%を誇るお得なカード

リクルートカード 1.2% 2.0%

いつものお買い物をもっとお得にしたい、旅行をもっと楽しみたいという方には、リクルートホールディングスがリリースしている驚愕の高ポイント還元率クレジットカードリクルートカード(Recruit Card)」がオススメです。なんと通常のショッピングや公共料金の支払いでも1.2%~2%のポイントが付与されるだけでなく、生活に密着したリクルート系列サービスが更に使いやすくなります。

 

高ポイント還元クレジットカード!

巷では続々とポイントの高還元率が話題のクレジットカードが増えてきていますが、年会費永年無料でどんな使い方でも1.2%ポイント付与されるリクルートカードと同水準のカードはまだまだ少ないと言えるでしょう。ポイントを沢山もらえても1ポイントあたりの価値が高くない場合や、還元ポイントが高いサービスが有料で結局相殺されてしまうケースもあります。

リクルートカードでは、リクルート関連サービス以外でのポイント付与率が1.2%、特定のサービスを利用すれば最低4.2%還元になるため、1ポイント=1円のリクルートポイントが簡単に沢山もらえます。

 

普通のカードと比べてみよう!

一般的なクレジットカードはポイント還元率が0.5%程度ですがリクルートカードはその倍以上、年会費が少しかかりますがさらに高還元率を誇るリクルートカードプラスでは4倍の2%に設定されています。これはどんなシーンで使ってももらえるポイントですから、普段の生活がもっとお得になるでしょう。

現在、リクルートカードでもらえるポイントの使い道はリクルート系列サービスに限られていますが、2015年にはローソンなどで使われているPontaとの統合が決定しています。今からポイントを沢山貯めておけば、普通のカードを漫然と使っているよりずっとお得な生活が手に入ります。

 

年会費分を超えるポイントもらくらく貯まる!

リクルートカードプラスは2000円(+税)の年会費がかかるのが少しネックという方でも、例えば光熱費や電話代、税金などの公共料金や賃貸物件の家賃で月平均23000円以上ご利用なら確実に年会費と同額以上のポイントを貯めることができます。

他の一般的なクレジットカードでは公共料金の支払いなどでポイントが貯められなかったり、もらえても小数点以下の還元率でお得とは言いにくかったりします。リクルートカードはどこで使った利用金額でも確実にポイントが手に入り、しかも1.2~2%の高還元率ですから、特にクレジットカードに詳しい方が今注目しているオススメのカードです。

※ リクルートカードプラスは、2016年3月より新規受付を停止しています。

 

リクルートカードの還元率をさらに上げる裏技を公開中

当サイトでは通常1.2%のリクルートカードの還元率を1.8%〜3.7%に上げる裏ワザを公開しています。リクルートカードに申し込みをする前にぜひチェックしてみてください。

関連記事

お得なカードリンク集