リクルートカードを発行するその前に!還元率を上げる裏ワザと口コミ・評判交えて徹底検証

リクルートカードとnanacoの組み合わせで公共料金・税金を支払う

nanaco 公共料金・税金

多くのコンビニでも使えるリクルートカードですが、残念なことにコンビニでの代行収納への支払いには利用できません。公共料金や税金などがリクルートカードで支払えない場合は現金で払ってしまいがち。しかし、セブンイレブンのnanacoを間に挟むことで、公共料金や税金に支払う金額の分もポイントがもらえる裏技があります。

 

nanacoチャージでポイントがもらえる!

リクルートカードはセブンイレブンの電子マネーnanacoにチャージしたときにもポイントが付与されます。

セブンイレブンのレジでは公共料金や税金の代行収納での支払いにクレジットカードが使えませんが、その代わりにnanacoで支払うことが可能です。大まかな手順としては以下のような流れになります。

  1. nanacoとリクルートカードを手元に準備する
  2. 公共料金・税金のコンビニ払い用紙で金額を確認する
  3. nanacoの公式サイトからリクルートカードでnanacoのチャージをする
  4. セブンイレブンのレジやATMでnanacoのチャージを確認する
  5. レジで公共料金を支払う際にnanacoを利用する

これで結果的に、普段なら使えない公共料金・税金のコンビニ払いにリクルートカードが利用できたことになります。

 

どんな人にオススメの裏技なの?

nanacoチャージをすると、その分、リクルートカードのポイントが貯まります。

つまり、実質的には税金や公共料金の支払いにも関わらずポイントが貯まっているのと等しいのです。

そのため、税金の支払いを個人で行っている方であればこの裏ワザを使って損は無いでしょう。ある種、節税と考えても良いかもしれませんね。支払いの金額が大きければ大きいほど、恩恵を受けることができます。

もしかしたら、nanacoポイントをチャージし過ぎるとセブンイレブンで使い切れなくなるかも?という不安を持っている人もいるかもしれません。

また、nancoのチャージが余ってしまったときにAmazonギフト券を購入することもできます。公共料金や税金の支払いはセブンイレブンにして、余ったnanacoポイントはネット通販で利用するという方法もあります。

お住まいの環境や普段のライフスタイルに合わせて、無理の無い範囲で税金や公共料金の支払いで活用してみてください。

 

リクルートカードの還元率をさらに上げる裏技を公開中

当サイトでは通常1.2%のリクルートカードの還元率を1.8%〜3.7%に上げる裏ワザを公開しています。リクルートカードに申し込みをする前にぜひチェックしてみてください。

関連記事

お得なカードリンク集