リクルートカードを発行するその前に!還元率を上げる裏ワザと口コミ・評判交えて徹底検証

リクルートカードで貯まったポイントはリクルート系列サービスでしか使えない

リクルートサービス限定

現在、高いポイント還元率で注目されているリクルートカードの唯一にして最大の弱点が、リクルートポイントの汎用性です。リクルートホールディングスの系列サービスでしか利用できないため、申し込みをためらう方もいらっしゃることでしょう。しかしリクルートは普段の生活をもっとお得にすることができる便利なサービスを展開しています。

 

リクルートの系列サービスは?

まず生活で利用しやすいリクルートホールディングスのサービスといえば、各種ホットペッパーがあげられると思います。webサービスやスマホアプリなどでも展開している無料クーポンサイトから簡単にお店の予約が可能で、しかもリクルートポイントももらえます。つまりポイントが使えて更に貯まる便利でフレンドリーなサービスです。
旅行予約サイトのじゃらんや総合ショッピングサイトのポンパレモール、クーポン購入サイトのポンパレなどもリクルートがリリースしているので、使いどころさえ押さえておけばリクルートポイントで生活を便利でお得にできます。

 

Pontaとの関係は?

今のところまだリクルート関連サービスでしか使えないリクルートポイントですが、2015年にPontaポイントとの併合が決定しています。Pontaが使えたり貯まったりするお店は多く、リクルートポイントの可能性が更にぐんと広がります。

  • ローソン(100円ローソン、ローソンマートなども含む)
  • GEO(宅配レンタルなども含む)
  • HMV(CDショップ)
  • 昭和シェル石油(ガソリンスタンド)
  • 居酒屋・和民
  • H.I.S(オンライン予約・レンタカー)
  • ケンタッキー・フライドチキン
  • ピザハット etc…

以上のようなお店で使ってもリクルートカードにPontaが貯まることになるため、ホットペッパーでの割引クーポンの発行や、じゃらんを使った旅行がお得になります。実際に提携が始まってしまえば、1.2%~2%の高いポイント還元率を誇るリクルートカードの人気が高騰し、沢山の人が群がって審査やカードのお届けにかなり時間がかかってしまうことも予想されます。

リクルートポイントの有効期限は最終取得確定日から1年あり、取得し続ければ期限切れで失効してしまうことはまずありません。入会キャンペーンや全額還元キャンペーンを開催している今が申し込みのタイミングかもしれません。リクルートカードのお申し込みを前向きに検討してみてはいかがでしょうか。

 

リクルートカードの還元率をさらに上げる裏技を公開中

当サイトでは通常1.2%のリクルートカードの還元率を1.8%〜3.7%に上げる裏ワザを公開しています。リクルートカードに申し込みをする前にぜひチェックしてみてください。

関連記事

お得なカードリンク集