リクルートカード・リクルートカードプラスを発行するその前に!本当にお得なのかを口コミ・評判交えて徹底検証

リクルートカードで「QUICPay」を利用する手順

quicpay

チャージのいらないQUICPay(クイックペイ)」も、リクルートカードを支払いに設定できる電子マネーです。QUICPayは現在、使えるお店がどんどん拡大している注目の電子マネーなので、もっとリクルートカードが便利になるQUICPayの申し込み方法などを解説します。

 

QUICPayはチャージ不要?

後払い方式のQUICPayでは、先にチャージ(入金)する必要がありません。リクルートカードを支払いに設定しておけば、QUICPayの利用分が自動的にリクルートカードで決済される仕組みになっています。つまりお持ちのリクルートカードを電子マネー化できるのがQUICPayの優れた点です。

QUICPayに対応しているリクルートカードはJCBのみですが、カードタイプ・モバイルタイプの両方でお申し込みできます。

 

QUICPayを申し込む

JCBのリクルートカードをお持ちなら、QUICPayの支払い機能を選びましょう。

  • カードタイプ(JCBでQUICPayカードの発行手続きをする)
  • モバイルタイプ(スマートフォンでアプリから手続きする)

スマートフォンで利用できるモバイルタイプは「お財布ケータイ(FeliCa)」機能がついている機種に限られますが、手続きが簡単で使えるようになるまで2日程度と早く、お財布に新しいカードが増えないので便利です。

 

QUICPayはどこで使えるの?

  • 全国のコンビニ(セブンイレブン、ローソン、ファミリーマートなど)
  • スーパーマーケット(イオン、平和堂、マミーズなど)
  • ドラッグストア(ドラッグユタカ、ココカラファイングループ各店など)
  • ガソリンスタンド(エネオス、昭和シェル、エクスプレス)
  • ファミリーレストラン(ロイヤルホスト)
  • レジャー・アミューズメント施設(ジャンボカラオケ広場、ムービックス、ユニバーサルスタジオジャパンなど) etc…

その他、QUICPayに対応しているタクシー会社やホテル、ヘアサロンなどもあります。例えばデートの時など、クレジットカードを出したくないときにQUICPayを通して約1秒でリクルートカードが利用できます。クレジットカードが使えるお店でもレジでもたつきたくない方にオススメのスマートな支払い方法だと言えるでしょう。

 

▼▼ お得なリクルートカードの申込はこちらから ▼▼

関連記事

その他のおすすめカード

YJカード

YJカード

ここ最近、台頭してきたヤフーのYJカードです。入会&利用で最大7000ポイント(7000円相当)がもらえます。いわゆる、"ポイントバラマキ"の新規顧客獲得施策と言えば、楽天カードが有名ですが、ここ最近ではヤフーの頑張りも負けていません。もらえるポイントが非常に多いので、リクルートカードと合わせての発行をオススメします。

楽天カード

YJカード

大盤振る舞いの特典が付いたカードの元祖と言えば、やはりこの楽天カードでしょう。入会で5000ポイント(5000円相当)、その他キャンペーン適用等で最大15000ポイント(15000円相当)がもらえます。ポイント還元率としてはリクルートカードの方が高いので、そちらメインカードにするにしても、もれなくもらえるポイントとしては大変高額なので、発行の手間を惜しまず作成しておくことをおすすめします。

お得なカードリンク集