リクルートカードを発行するその前に!還元率を上げる裏ワザと口コミ・評判交えて徹底検証

リクルートカードで「楽天Edy」をチャージする手順

楽天Edy

VISAブランドのリクルートカードをお持ちなら、全国13万店以上で利用できる楽天Edyにチャージできます。チャージ利用金額に対する1.2%のリクルートポイントが還元されるだけでなく、楽天Edyは利用金額の0.5%分Edyポイントがつくので、実質還元率は1.7%以上になります。同じ会社の楽天カードでチャージするより、なぜかお得になってしまうリクルートカードでの楽天Edyチャージについて解説します。

 

楽天カードよりチャージ時の還元率が高い?

将来楽天カードでの優待ポイント設定などがはじまる可能性は否定できませんが、現在はリクルートカードで楽天Edyにチャージすると0.2%還元率が優れています。たかだか0.2%じゃないかと思っても、一万円の利用で20円分の差が出る、利用金額が大きいほど差額が増えていくと考えれば笑い話にはできません。

  • リクルートカード(チャージ時1.2%ポイント還元/利用時0.5%Edyポイント付与)
  • 楽天カード(チャージ時1%ポイント還元/利用時0.5%Edyポイント付与)

因みに楽天Edy機能付帯楽天カードではチャージ時にポイント付与がなく、0.5%のEdyポイント還元だけだという点も見逃せません。いずれにせよ楽天Edyにチャージするときはリクルートカードが一番還元率が上がる結果になります。

 

楽天Edyを使ってみよう!

チャージにリクルートカードが使える楽天Edyのツールは以下の三種類になります。

  • Edyカード(楽天市場でカードリーダーと共に購入し、PCで設定を行う)
  • アンドロイドスマートフォンでアプリから設定する
  • iPoneでアプリから設定する(Edyカードが必要)

このうち、iPoneでは現在のチャージ残高照会とチャージのみが可能で、楽天Edyの利用自体はEdyカードで行います。Edyカードのみの場合もカードリーダーの購入や手間のかかる設定などが必要なため、リクルートカードでチャージする時は可能ならばアンドロイドのスマホでアプリから設定するのが一番手軽でコストパフォーマンスも良くなっています。

 

楽天Edyは全国13万店以上で使える!

チャージできた楽天Edyはコンビニ、スーパー、居酒屋のモンテローザグループ各店、飲食店、ドラッグストア、レンタカー、ホテルや空港など、幅広く利用できるのでチャージ金額有効期限の4年以内に使いきれる可能性が高い電子マネーです。
今のところまだコンビニなどでの手軽なチャージは現金しか対応していませんが、将来どこででもリクルートカードで楽天Edyがチャージできるようになるかもしれないので今後の動向に注目です。

 

リクルートカードの還元率をさらに上げる裏技を公開中

当サイトでは通常1.2%のリクルートカードの還元率を1.8%〜3.7%に上げる裏ワザを公開しています。リクルートカードに申し込みをする前にぜひチェックしてみてください。

関連記事

お得なカードリンク集