リクルートカード・リクルートカードプラスを発行するその前に!本当にお得なのかを口コミ・評判交えて徹底検証

リクルートカードを旅行好きな人にオススメする理由

リクルートカードで旅行

リクルートカード(Recruit Card)はポイント高還元率が武器ですが、最もオススメしたいのが旅行好きの方です。リクルート系列サービス「じゃらん」の利用でポイント還元率が更に上がるだけでなく、旅行傷害保険が付帯されているのでもしもの時も安心です。リクルートカードを利用した旅行の様々なメリットをご紹介します。

 

なんといっても「じゃらん」がお得に!

リクルートカードをリリースしているリクルートホールディングスが提供している「じゃらん」は移動・宿泊の予約が最長365日先までネットでできるので、普段忙しくされている方も簡単に利用できるサービスです。現在、国内ではホテルだけでなく一部の民宿や宿泊できるお寺(宿坊)の予約にも対応していますし、海外のホテルも網羅しています。

じゃらんの利用金額の2%もらえるリクルートポイントはリクルートカードに貯まるポイントと全く同じものですから、ポイント変換などの手間もかかりません。更にポイント還元率が上がったお得なパッケージプランがご用意されているので最大還元率8%も可能です。初めて泊まる宿泊施設の口コミも見られるので、旅行がもっと楽しめます。

じゃらんでのポイント還元については下記の記事でも詳しく説明しています。

 

カードブランドの優待特典も見逃せない!

リクルートカードはVISAとJCBからカードブランドが選べます。この二つのカードブランドは国内旅行での利用に便利な高いシェア率を誇り、更にブランドごとにお得な優待特典キャンペーンを実施しています。例えばキャンペーン対象のレストランで一品サービスしてもらえたり、特別コースがあったり、割引料金が適用されることもあります。このようなキャンペーンを行っているお店では確実にリクルートカードでお支払いできるので、事前に調べておけばお得なだけでなく、現金を持ち歩く必要がないので安心です。

 

付帯保険で旅行が更に安心!

リクルートカードに付帯されている旅行傷害保険は、移動中や宿泊先での病気・怪我・手回り品の盗難などにも対応しています。海外での死亡時最大2000万円がリクルートカードの公式サイトに書かれていますが、特に海外旅行の前には各カードブランドの旅行傷害保険約款に目を通しておきましょう。こちらは移動や宿泊のときにリクルートカードを使っていれば適用されます。

年会費が必要なリクルートカードプラスでは、国内での死亡保障が最大3000万円と3倍になるほか、使っていなくても持っているだけで保険の適用対象になります。怪我や病気は好き好んでなるものではありませんが避けられないこともありますし、携行品の破損も適用される傷害保険に加入できるリクルートカードは旅行好きの方の強い味方になります。

 

▼▼ お得なリクルートカードの申込はこちらから ▼▼

関連記事

その他のおすすめカード

YJカード

YJカード

ここ最近、台頭してきたヤフーのYJカードです。入会&利用で最大7000ポイント(7000円相当)がもらえます。いわゆる、"ポイントバラマキ"の新規顧客獲得施策と言えば、楽天カードが有名ですが、ここ最近ではヤフーの頑張りも負けていません。もらえるポイントが非常に多いので、リクルートカードと合わせての発行をオススメします。

楽天カード

YJカード

大盤振る舞いの特典が付いたカードの元祖と言えば、やはりこの楽天カードでしょう。入会で5000ポイント(5000円相当)、その他キャンペーン適用等で最大15000ポイント(15000円相当)がもらえます。ポイント還元率としてはリクルートカードの方が高いので、そちらメインカードにするにしても、もれなくもらえるポイントとしては大変高額なので、発行の手間を惜しまず作成しておくことをおすすめします。

お得なカードリンク集